最新記事

 インターネットの普及によって、情報化社会が到来しました。
情報化社会により、大量の情報に個人がアクセルできるようになりました。
それに加えて、誰でも気軽に情報を発信できるようになりました。
動画で情報を発信することももちろんありますが、それよりも圧倒的に多いのが、文字により情報発信です。
 文字による情報は、動画による情報よりもコンピュータ側の負担が小さいため、手軽に情報をやり取りできます。
そのため、様々な情報ツールが活用され、膨大な量の文字情報がインターネット上にはあります。
 インターネットの普及により、雑誌の購読者が減ったように、一旦は文字の価値が下がったようにも見えました。
しかし、質の高い本の価値が見直されているように、質の高い文字情報の価値は、むしろ上がっているのです。
なぜならば、ただ単に文字を読むだけならば、インターネット上でいくらでも読めるからです。
 これかからの国語教育は、質の高い文章を書くことに比重が置かれるべきでしょう。
なぜならば、質の高い文章というものは、これからますます価値が上がるものだからです。
質の高い文章が増えることで、日本の文字文化がますます豊かになり、それによって新しい日本の文化が多数生まれるのではないでしょうか。